薄毛ハゲを予防、改善する為の超簡単!睡眠法

 

【あなたが良質な睡眠を取らければいけない理由】

こんにちは。

 

あなたは今、あなたの髪に不安を抱え、近い将来髪の毛がなくなってしまう事を密かに恐れ、鏡を見る度に心臓の鼓動が強くなり、鬱々とした気持ちになっている事と思います。

 

しかし、そんなあなた悩みは、良質な睡眠を取ることで、みるみる小さくなっていき、

いずれ完全に完全に消滅しますのでご安心下さい!


何故なら、良質な睡眠は、あなたの髪はグングン伸ばし、メキメキと太くさせ、あなたを薄毛、ハゲの不安から解放し、日々清々しい気持ちにさせる力を秘めているからです。

f:id:japanese-standard0:20170208194331p:plain

 そして、太くて健康的な髪が生えてくる事により、あなたは周囲の人間から影で、

「あの人の髪薄いよね」とか、「あのハゲさぁ~」等の悪口を言われているんじゃないかという、疑心暗鬼な気持ちからも解放され、自信に満ちた「あなた自身」を取り戻すことが出来ます!

 

良質な睡眠は、あなたの輝かしい将来に必要不可欠な事ですので、この記事を読んで、髪の不安をキレイサッパリ浄化してしまいましょう!

f:id:japanese-standard0:20170208193908j:plain

参照:http://blog.livedoor.jp/jeep_55/archives/52587580.html

 

 

【睡眠が何故大事か?薄毛ハゲに効く睡眠のメリット】

では一体何故、良質な睡眠を取る事が薄毛ハゲの対策として効果的なのか?

今からその理由、睡眠で得られるメリットをお伝えしていきます。

 

f:id:japanese-standard0:20170303172049j:plain

<成長ホルモンの分泌>

成長ホルモンは睡眠時に一番分泌されます。

成長ホルモンが分泌する事により、毛根の毛母細胞が刺激され発毛活動を行い、髪の毛がグングンと育っていきます。

 

<精神の安定>

睡眠時には身体をリラックスさせる神経が働くので、良質な睡眠を取れば取るほど、

あなたのストレスは解消され、気持ちを安定させてくれます。


<病気の予防や免疫力の維持>

睡眠時は菌やウィルスを退治してくれる、白血球が生成されるので、病気や炎症等の予防になります。

更には、心臓を休めるの時間としての役目も兼ね備えています。

 

<肉体疲労や怪我や炎症の回復>

睡眠時は日々疲労した肉体を癒やし、怪我や炎症、身体の異常を回復させる時間でもあります。

頭皮にかさぶたや炎症がある場合も睡眠は効果的です。

 

<その他>

薄毛ハゲの予防には直接関係はありませんが、睡眠は脳の回復や肥満予防のメリットもあります。

 

このようなメリットがあるため、睡眠は薄毛ハゲの予防に効果的なんです!

 

では、上記のメリットを得る為に、実際にあなたがやるべき事&やってはいけない事をお伝えします。

 

【良質な睡眠の為に寝る前にやるべき事】

<電気を消して寝る>

とても簡単にな事ですが、電気を消して寝るメリットは2つあります。

 

f:id:japanese-standard0:20170303172111j:plain

メリットその1
寝ている時に視覚から入る脳への刺激が無くなり、良質な睡眠につながる。

 

部屋が明るければ明るいほど、脳への刺激は増え、脳が興奮状態に陥ってしまいます。

 

ですので、脳への刺激を無くす為に睡眠時は真っ暗な環境を作ります。


メリットその2
暗い環境で寝ている方が成長ホルモンが分泌されやすい。

 

成長ホルモンは毛母細胞に働きかけ、髪をつくるためのホルモンですので、

このホルモンの分泌量が多ければ多い程、毛母細胞は育毛活動をおこない、

髪がどんどん生えてきます。

 

ですので、成長ホルモンの分泌を促す為に真っ暗な環境を作って寝て下さい。

 

<頭皮マッサージを行ってから寝る>

人間は一日のうちで睡眠時に血流がもっとも悪くなります。

ですので、睡眠前にマッサージを行い血流をよくしておくことは非常に効果的です

f:id:japanese-standard0:20170208195401j:plain

さらに、マッサージをすることにより、体温も上昇し入眠しやすくなる作用もあります。

やり過ぎると身体が興奮状態になってしまう可能性もあるので、ほどよいマッサージを行いましょう。

 

頭皮マッサージについてもっと詳しく知りたい場合はコチラから 

www.japanese-standard.com

  

<寝る前に筋弛緩(きんしかん)運動を行う>

筋弛緩(きんしかん)運動とは、数秒間身体を緊張状態した後に、緊張を一気に開放してあげる運動の事です。

f:id:japanese-standard0:20170303172212j:plain

 最も簡単な方法としては、1.手をグーにしてギュッーっと5~8秒位握ります!

f:id:japanese-standard0:20170303172128g:plain

2.握った手を一気にパァーっと開いて身体全体を脱力させます。

f:id:japanese-standard0:20170303172134g:plain

これだけです!

 

この運動を行う事により、自律神経が安定し心も身体もリラックスした状態になります。

そして、血行も良くなるので、一石二鳥の効果を得られる運動です。

 

参考動画はコチラ

www.youtube.com

 

<寝る直前にパジャマに着替える>

パジャマとはジャージやスエットではなく、このように、誰が見てもパジャマと分かる服の事です。 


 

 何故パジャマを着て寝た方がいいのかと言うと、

  •  パジャマは寝る為に作られている服なので、汗を吸収し、湿度を調整してくれるからです。
  • パジャマは睡眠に適した、「生地の肌触り」や、「ゴムの締め付け感」になるように作られているからです。
  • パジャマは睡眠時にのみ着る服なので、身体や布団の清潔感が保てます。
  • 睡眠前にパジャマに着替えることにより、脳が「これから寝るんだ」という入眠モードに入るからです。

 

上記4つの点が寝る直前にパジャマに着替える理由です。

 

<寝る前に枕カバーを替える>

枕カバーを替える理由はパジャマの時と同様に、常に清潔な枕カバーを使う事により、髪や頭皮、肌を清潔に保ってくれます。

f:id:japanese-standard0:20170303172552j:plain

参照:浜松市の情報配信ブログ 快眠まくらって知ってる?

 

そして、枕カバーを替える事で、脳が入眠モードに切り替わりますので、寝付きが良くなります。

 

枕カバーを毎日替えるのは面倒だとおもいますので、曜日を決めて週に1~2回程替えるだけでも効果的です。

是非試してみて下さい。

 

<成長ホルモンが分泌されるBGMをかけて寝る> 

成長ホルモンは熟睡中に分泌され、熟睡中に脳内ではδ(デルタ)波が出ています。

 

ですので、デルタ波の波長の音楽を聞く事で、より脳をリラックスさせ成長ホルモンを分泌させる事が出来ます。

www.youtube.com

 

【寝る前にしない方がいい事】

<寝る1時間前にはテレビ、スマホ、パソコンの使用を避ける>

電子機器はどうしても脳が刺激され興奮状態に陥ってしまい、安眠を阻害します。

f:id:japanese-standard0:20170303180143p:plain

ですので、入眠1時間前にはこれらの機器の利用を控える方が望ましいですが、これらの機器を手放せない場合は、「寝る10分前」、「最悪布団に持って入らない」ところから初めてみて下さい。

 

意外とこれが一番効果の実感が早いです。

 

<寝る3時間以上前には何も食べない>

寝る前に物を食べると、睡眠中も内蔵が消化吸収の活動を行ってしまい、質の良い睡眠が取れなくなってしまいます。

f:id:japanese-standard0:20170303175826j:plain

 ですので、入眠時間の3時間前になったら食べるのを控えるのが懸命です。

 

  

まとめ

【睡眠のメリット】

  • 成長ホルモンの分泌
  • 精神的安定
  • 病気の予防や免疫力の維持 
  • 肉体疲労や怪我や炎症の回復
  • 脳の回復や肥満予防

 

【良質な睡眠の為に寝る前にやるべき事】

  • 電気を消して寝る
  • 頭皮マッサージを行ってから寝る
  • 寝る前に筋弛緩(きんしかん)運動を行う
  • 寝る直前にパジャマに着替える
  • 寝る前に枕カバーを替える
  • デルタ波の音楽をかけて寝る

 

【寝る前にしない方がいい事】

  • 寝る1時間前にはテレビ、スマホ、パソコンの使用を避ける
  • 寝る3時間以上前には何も食べない

 

 上記がこのページのまとめになります。

どれか一つだけでもいいので、あなたが一番始めやすい事を選び、早速今日から実践して下さい!

 

そうすれば、あなたの頭皮はみるみる健康的になり、髪の毛がグングンと成長していきます。

 

 

スポンサーリンク