12月21日 べっぴんさんまとめ 第12週やさしい贈り物

12月21日放送 NHK朝の連続ドラマ べっぴんさんのあらすじをまとめました。

 

 

すみれの姉ゆりの家出

近江の実家に電話をするも、迎えに来ても絶対帰らんと主張され、

やけ酒する潔は靴店の店主麻田の所に赴く。

 

さくらのセーターを編むすみれ

一方さくらは、母親が居ない保育所の友達と家族の事で不仲になってしまう。

さくらのセーターを編みながらさくらと会話する事により、自分が誰かの為にべっぴんを作りたいと思った子供時代を思い出す。

 

キアリスに足を運ぶすみれ

セーターを編んでる時にさくらから「さくらは赤が好きだから赤い毛糸を使って」と言われた事をヒントに、キアリスの仲間にお客さんに合わせて柄を変えるサービスの提供を提案。

一方キアリスの仲間はクリスマスの目玉商品の企画に難航しており、すみれにもいいアイディアが浮かんだら教えて欲しいと依頼。

 

さくらへのクリスマスプレゼントを作る父紀夫

さくらに何かクリスマスプレゼントをあげたいと前々から思っていた紀夫は、職場で見たブリキのバケツをヒントに、さくらへのプレゼントを作り出す。

それを見ていたすみれもプレゼントづくりに加わり、夫婦でさくらへのプレゼントを完成させた所で次回へ続く。

 

 

スポンサーリンク